MV_img
MV_img_sp
ブログ/ Blog

②咳がひどい!のどが痛い、声が出ない、ガラガラになってひどくなったらー渡辺ゆうこー

  • 2019/06/01
  • カテゴリ:

カウンセリングをお申込みはこちらから→

漢方カウンセリングについて

 

 

 

のどが痛いのが一気に進んで咳ものどの痛みもひどくなったら

 

 

 

 

 

 

 

 

普通は病院へ行く、出る薬は抗炎症剤、痰を溶かす薬、気管支拡張剤がメインでそれに抗生物質、解熱鎮痛剤

 

 

 

 

 

 

 

それで治ればいい、でも、咳が続く場合も多い。のども痛む

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方薬で中医学の漢方はこの状態の咳、のどの痛みにとても良く効くのがある、大変申し訳ないけど普通の薬局ではそこまで漢方薬を勉強しないので知らないことも多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく病院の薬でも漢方でものんで先にのど炎症をとらないとダメ。炎症をいかに早く止めるかが悪化させないポイントになるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このとき私が一番気を付けるのは薬を最大限効かせる時間帯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜中にせき込んで寝られなかったりしてはいけない、夜の咳は一番炎症を長引かせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が漢方薬を出す場合必ず寝る前に1回飲んでもらう。一日3回だったら朝、夕方、寝る前の3回服用。

 

 

 

理由は夜中の3時から5時が肺の活動時間だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ夜中から明けがたに咳が出始めるのか?苦しくて目が覚めるのか?
なぜ明け方に花粉症の時は鼻水が流れ出るのか?これも同じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肺の活発な活動時間は夜中の3時から5時。この考えは西洋医学にはない。中医学の理論。
ここで肺が活発になるときに炎症が悪化すると翌日ものどは腫れたまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時間に薬を効かせたいから寝る前に服用する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして絶対便秘をしないこと。便秘があれば炎症は悪化する、下剤を飲んでもいいからお通じを出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故なら大腸と肺はつながっているから。肺の熱を大腸から逃すことができるのにそこがつまっていると熱がのがれないからまた炎症が悪化する。もちろんこの考えは西洋医学にはない、中医学理論。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西洋薬も漢方薬ものまなくてものもちろんのどは治ります。十分な睡眠と栄養。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬は自力で治すよりも楽をして治す方法です、草冠に楽、これが薬です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では風邪はいつものどからかかる人は?

 

 

 

 

 

長文なので続く。この内容は完全に中医学講座です・・・みなさんついてきてますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十年前のあなたの元気を取り戻す!!
元気回復コンシェルジュ
漢方薬剤師 渡辺ゆうこ

 

 

漢方・中医学講座初級 3か月間 全6回ー渡辺ゆうこー

耳つぼ講座ー渡辺ゆうこー

 

不妊症、更年期障害、アトピー、ストレスなどをお抱えの方はお気軽にご相談ください
漢方コミュニケーションズ 結城 奈美枝
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
電話番号:03-5389-3201
PAGE TOP