MV_img
MV_img_sp
ブログ/ Blog

③いつも風邪はのどからかかる、なぜ私はのどが弱いんですか?の理由ー渡辺ゆうこー

  • 2019/06/13
  • カテゴリ:

 

のどがいつも痛くなる人の話の完結編③体調はいつものどから崩れる方の話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを書くのに考えこんじゃって、なかなか書けなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読んでわかるように書きますね。中医学理論で。

 

 

 

 

 

 

 

 

程度の差があってものどが弱い人は割といる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のどが痛いときの原因は大きく2パターンある

 

 

 

 

 

 

 

A、病気の原因が体の外から入ってきた場合

B、病気の原因を体の中から作り出している場合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A、体の外から原因の風邪(ふうじゃ)が入り込んだ場合

かぜを漢字で書くと風邪。これは中医用語がそのまま使われていています。漢字の風邪をかぜと読まないですよね、普通は。これはふうじゃといって自然界の気象条件の風が体に耐えられなくなった時の名前

 

 

 

 

 

 

 

 

ふうじゃは気象の変化で体に入り込むんだけどみんなが入り込むんでなくて、それが入り込みやすい人がいる、体の体表面バリアの弱い人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このバリアは寝不足、食事の不摂生、ストレスで弱るので、かぜをひくときはそういう時になる、また、内臓が弱いとバリアを作れないのでそういう人も繰り返しかぜをひく。特に胃腸が弱い人、食の細い人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B原因を体の中側から作り出す人

 

これは①「肺と胃に熱を持つ人」と②「肺と腎に血が足らない人」の二つ

 

 

 

 

 

 

 

 

①「肺胃熱」は、はじめはかぜをひいてそれが体に居座りのどに残る場合もあるし、もともと肺、胃が弱い場合もある。気管と胃はくっついているから胃の炎症がのどの痛みを継続させる場合もある、熱は上に上がるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②「肺腎陰(血)虚」の代表例はお年寄り。歳になるとせき込むのはこのためだし、血の循環が悪くても起こる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方治療は肺の熱を冷ましたり、胃の熱を冷ましたり、のどの熱を冷ましたり、分類別に分けて判断する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれが当てはまりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難しかったかな?

もっと知りたい方は中医学を勉強しても面白いです

 

 

 

 

カウンセリングをお申込みはこちらから→
http://hart1000.com/counseling

 

 

 

 

十年前のあなたの元気を取り戻す!!

元気回復コンシェルジュ

漢方薬剤師 渡辺ゆうこ

漢方・中医学講座初級 3か月間 全6回ー渡辺ゆうこー

耳つぼ講座ー渡辺ゆうこー

不妊症、更年期障害、アトピー、ストレスなどをお抱えの方はお気軽にご相談ください
漢方コミュニケーションズ 結城 奈美枝
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
電話番号:03-5389-3201
PAGE TOP