MV_img
MV_img_sp
ブログ/ Blog

アレルギーからの頭痛、発熱、のどの痛みがあります。ー渡辺ゆうこー

  • 2019/03/30
  • カテゴリ:

 

 

 

最近ここ2日で3人の頭痛関連のご相談がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

春は肝の季節で肝火上炎と言って、頭痛、めまい、突発性難聴などの症状になりやすい時期です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのご相談かな?と体質症状を詳しくカウンセリングをすると、3人ともアレルギーからの頭痛、発熱、のどの痛みでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2人は病院へかかられていて、1人は家の鎮痛剤を飲んで3人とも寝込んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「病院の薬はこれでいいでしょうか?」と内容を見ると。解熱鎮痛剤、痰切り、抗炎症剤、咳止め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然違うんですけど・・・、えーん(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それもそのはず、病院にかかった2人はインフルエンザだと思って受診、検査結果が陰性で先生もとりあえずの応急処置薬を出しています。熱があって、のどが痛くて、ならこの薬。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時、自分が花粉症だったり、アレルギーだったりがあると、かかりつけの耳鼻咽喉科に行けたり、予測ができるんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院に行った1人は花粉症は自分はないと思っていて、鼻水もありません。ただのどと、顔がかゆい。ここ一週間以上。そのあとこの症状。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉のアレルギーは顔がかゆいだけの人、目がかゆいだけの人、のどがかゆいだけの人など、たくさんいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう方がマスクもしないで大量に花粉を浴びてしまうと、アレルギー反応が一気に悪化、炎症から発熱、頭痛になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期の花粉アレルギーの特徴は「夜にのどが渇く、症状がひどくなる」ことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方薬と病院の抗アレルギー剤をうまく使って治す方法がおすすめです。

中西医結合と言って東洋医学と西洋医学のいいとこどりの方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この症状で解熱鎮痛剤を飲むなら、ずーっと続けなくてはなりません。

知らないことでつらい思いをしないように、自分の体質を知ることは余計な薬を飲まなくて済むことにつながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十年前のあなたの元気を取り戻す!!

元気回復コンシェルジュ

漢方薬剤師 渡辺ゆうこ

 

不妊症、更年期障害、アトピー、ストレスなどをお抱えの方はお気軽にご相談ください
漢方コミュニケーションズ 結城 奈美枝
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
電話番号:03-5389-3201
PAGE TOP