〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
TEL:03-5389-3201 TEL:03-5389-3201
お電話でのお問い合わせはこちら
カウンセリング申し込みはこちら

ブログ

ブログ

日本薬剤師会学会での学びー結城奈美枝ー

  • 2018/09/25
  • カテゴリ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年、第51回日本薬剤師会学会は

金沢で開催されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(金沢らしい、能からの開会式。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の学会は、大好きな生物学者、

福島伸一先生の特別講演から。

『動的平衡』という本は、あまりにも有名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下は、漢方と西洋薬の違いでよく説明する図。

『人の身体は食べ物でできている。』

 

漢方は食べ物と同じ、主に植物性や動物性のものなので、

食事の延長線上にあり、(医食同源)

『漢方の体質改善』とはこのことを意味しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(食べ物はただのガソリンと考えられていたが、

実際には食べ物は身体の一部となり、常に身体は入れ替わっていることが生物学的にわかっている)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに比べて、生物を機械的に解釈しようとすると、

時間的なものを無視することとなることに問題点あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが抗ヒスタミン剤の仕組みだが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体は動的平衡を保とうとするため、

もっと敏感な身体となる可能性あり。

これが西洋薬継続による副作用の例の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも、アトピー性皮膚炎でも

ずっと前から漢方家が言っていたスキンケアの大切さを、

やっと気づきはじめたアレルギー科のお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮膚のバリア機能を

漢方の言葉では『衛気』と言い、

この『衛気』を強めるために漢方の体質改善は必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、『医療観』とは『死生観』という話をしてくれた医師も・・

(東洋医学にもこの死生観という哲学がもともと入っています。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、福島伸一先生の話の中でとてもわかりやすかったのが、

「小さい男の子は『動く』ものが好き。

自動車などの『メカ派』か昆虫などの『生物派』に分かれていた。」

というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この世の中の医療は、これまでほとんどが男性が作り上げたもの。

そうすると、『メカ派』の男性たちも多く医療に関わっているということになる。

 

ところが、人間の身体は機械じゃない。

医療も生きてる物の観察からわかることを、

生物学者さんたちからもっと取り入れるべきなんじゃないかな・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、私も好きな解剖学者、養老猛司先生も昆虫少年だった。

自然の中にいれば、自然とわかるこの自然の「法則」。

 

この世に『完璧』なんてもともと『ない』。

『正しいか間違ってるか』などのの極端な選択も

自然を見ていればなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然の仕組み、生き物の仕組みから学べば

もっと人は生きやすくなる。

 

それは医療の世界でも同じなんじゃないかなと

私は考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(来年の日本薬剤師会学会は、山口県。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方薬剤師

結城奈美枝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♫今日の言葉♫

 

 

 

 

 

「自然の仕組み、生き物の仕組みから学べば、もっと人は生きやすくなる。

 

 

 

 

 

それは医療の世界でも同じなんじゃないかなと私は考えています。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方のカウンセリングはこちらから

 

カウンセリングについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊症、更年期障害、アトピー、ストレスなどをお抱えの方はお気軽にご相談ください
漢方コミュニケーションズ 結城 奈美枝
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
電話番号:03-5389-3201
PAGE TOP