よくあるご質問 | 漢方薬でストレスの軽減、体調管理なら東京都新宿区にある漢方ストレスマネジメントまで
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
TEL:03-5389-3201 TEL:03-5389-3201
お電話でのお問い合わせはこちら
カウンセリング申し込みはこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

漢方って効果があるんですか?

病名だけで漢方を選んだり、雑誌などの浅い知識で、漢方を選んではいけません。
どんなにいい漢方薬も、体質に合わなければ効果はないどころか副作用まで出てきます。

しかし、専門家に相談し、体質にぴったり合わせて調合してもらえるなら大丈夫。
鼻炎薬や風邪薬のようなものなら即効性もあります。

是非、時間をかけて細かく症状や体質をチェックできる専門家に話を聞いてもらうこと。
さらに漢方そのものの質を重視し、薬を見分ける力のある専門の薬剤師にご相談ください。

漢方って高いんでしょうか?

昔は皇帝や皇室、将軍など高貴な人しか漢方薬は飲めませんでした。
それほど貴重な自然薬を使って作るものだからです。
ただ、どうして昔からそういう人たちが漢方を重要視してきかというと、ずばり「不老長寿』(病気を治すというより、つらい症状を緩和し、いつまでも元気で長生きしたいという考えのもと。地位も財産もある人が最後に求めたものが不老長寿だったと言われています)と、
世継ぎのための子づくりのため。
なので、漢方はアンチエイジングなどの美容と、妊活に強いのだと言われています。

ただし、漢方は続けていくことに意味がありますので、その方その方に合わせて続けやすいご予算でお作りできます。
どうぞ遠慮なく続けやすいご予算のご相談もしてくださいね。

病院の薬と併用してもいいでしょうか?

まずはお薬手帳をお持ちください。
専門の薬剤師がしっかりと確認した上で、飲み合わせをチェックしますので大丈夫です。

ただし、それでも併用がご不安な方は、提携している内科、婦人科、心療内科、皮膚科などをご紹介させていただいています。

病院の漢方と薬局の漢方との違いは何ですか?

質のよい、ホンモノの植物性の漢方煎じ薬やホンモノの粉薬(植物そのものを粉砕したもの)が使えることが大きな違いです。
処方箋ではどうしても保険の関係で質が限られてしまいます。
質がいいと、元気のつき方と美容力に大きな差が出ます。

ハリは痛くありませんか?

中国のハリに比べて、日本のハリは痛くないように工夫されている管鍼法。
ただし、どうしてもハリがこわい人には熱くないやさしいお灸からおすすめします。

マッサージと鍼灸の違いは何ですか?

鍼灸は脳へ信号を送り、自然治癒力を活性化させる方法。
マッサージだけだと、その場しのぎになってしまいます。
是非一度、アンチエイジングも兼ねた鍼灸を体験してみてください。

美容鍼に興味がありますが、痛くないですか?

顔には細くてやさしいハリを使い、最低限の本数のハリしか刺しませんので、大丈夫です。
その場でひきしめの効果を実感できますので、是非まずは体験してみてください。

PAGE TOP