〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
TEL:03-5389-3201 TEL:03-5389-3201
お電話でのお問い合わせはこちら
カウンセリング申し込みはこちら

店長ブログ

店長ブログ

上海の病院の職員食堂にもやっぱり薬膳が!-渡辺ゆうこー

  • 2018/12/31
  • カテゴリ:

漢方カウンセリングはこちらから→

カウンセリングについて

 

 

先日FBにお友達申請があって、「どなたかな~?」と思ってよーく考えたら、中医学講座を受けてくださっている方で、ママ友でもある友人の妹さんだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう15年来のお付き合いの友達なので妹さんのこともよーく知っている、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上海に行く前から知っていて、上海に行くときは、いいな~と思っていた。単純に!

今、日本人医師として上海で活躍されていて、すごい!かっこいい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方から「病院に中医科もありますよ~」などと聞いているうちに職員食堂の話がでて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「たぶん職員食堂のごはんも薬膳じゃないかな~」というので写真送ってもらいました。

 

 

 

 

 

 

量も多いし美味しいそうな職員食堂だな~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが上海の総合病院の職員の食堂で、日本でいう学校給食的な家庭料理になると思います、この中に薬膳的な物も自然に入ってますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

この真ん中の麺、乾いた豆腐の干麺です。中国でよくあります。スープには白キクラゲ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見てわかるけど、肉と野菜混ぜて調理しないんですよね、あんまり。肉は肉、野菜は野菜。真ん中は豆腐と野菜。肉に野菜を混ぜると水が出るから味が薄まってまずいって言うのもあるけど、薬膳の習慣もあるかと思います。混ぜると薬性がわからなくなるから、単味の方がわかりやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の中華料理は五目チャーハンみたいに5種類混ぜちゃう、青赤黄白黒の五臓五色を混ぜて1食に全部入れますね。

 

 

 

 

これも上と同じ感じで注目はこのスープ!

 

 

白きくらげは咳と美肌によい!ハスの実は精神安定、竜眼肉は貧血。

甘くてとろみのあるスープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは定番の女性用のスープですねと解説すると、この職員食堂ではスープは2種類あって好きな方を選ぶスタイルだった!納得。薬性を知っている女性ならば、ほぼこっちを選ぶでしょうね~、美肌!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国人は薬膳とも何とも思っていません、普通の食事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が薬膳は作るのが楽しい、楽しみっていうのが少しはわかってもらえるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美肌とか考えて作れたら楽しいですよ、家で毎日飲んだりしてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十年前のあなたの元気を取り戻す!!

元気回復コンシェルジュ

漢方薬剤師 渡辺ゆうこ

 

耳つぼ講座

漢方・中医学講座初級 3か月間 全6回

不妊症、更年期障害、アトピー、ストレスなどをお抱えの方はお気軽にご相談ください
漢方コミュニケーションズ 結城 奈美枝
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
電話番号:03-5389-3201
PAGE TOP