〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
TEL:03-5389-3201 TEL:03-5389-3201
お電話でのお問い合わせはこちら
カウンセリング申し込みはこちら

店長ブログ

店長ブログ

冷たい水を飲むことの害-渡辺ゆうこー

  • 2018/07/16
  • カテゴリ:

 

 

 

 

 

 

 

昨日は薬局で友達の鍼灸師さん主催の「冬病夏治」冬の病気を夏の養生で防ぐ、というイベントに参加

私は「薬膳茶」のお話をして皆さんに試飲してもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国人の先生から「三伏灸」の解説があって、みんなでその場でお灸を体験して、そのあと「参鶏湯」と「ドジョウ鍋」を食べに行く、というイベント内容。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の一番暑い時期に、お灸をして体を温める食べ物を食べることで体に「陽気」を貯金して、冬の冷えに備える、という。夏のお灸が一番効きがいいって、やっぱりそうだよね、熱が体にすぐ入るから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とっても楽しかった!こういう中医学的予防の考えって、勉強するより実践よね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちら。https://www.facebook.com/events/242085473044910/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国人の先生の説明の中で「日本人は冷たい水分をとりすぎているから、体に悪い。中国人は飲み物は冷えていても常温で飲むし、家で子供に水分を渡すときはお湯を入れてからですよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にそうで、私も冷たい飲みものを最近飲んでいたので、反省した。知ってても実践しないのは意味ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回実戦でツボの説明もあって、そこで自分の体でも確認できた。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、私は午前中子どもの野球の応援で炎天下の野球場で熱中症予防でガンガンに冷たいものを飲んでから夕方のイベントに参加したので、かなり胃が冷えていた状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おへそとみぞおちの中間地点にお灸をするのだけれど、ここは胃の真上になる胃のツボ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここが押してすごく固かった。固いというのは血流が悪いということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり!!冷たいものを飲むと胃だけ初めに冷える、血流が冷えで悪くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが毎日慢性的に続けば、まず血行不良でだるくて夏バテ状態、その延長線上に様々な病気の発生がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は~この暑い時期にお灸でそれも一気に温めて回復しましょう!って考えなので「暑いと冷たいものを飲む」日本と真逆だね~

 

 

 

 

 

 

 

 

色々思うところが多かったので次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十年前のあなたの元気を取り戻す!!

元気回復コンシェルジュ

漢方薬剤師 渡辺ゆうこ

 

 

 

 

中医学講座、耳つぼ講座を開いています、詳しくはHPセミナー情報で見てください。

 

 

不妊症、更年期障害、アトピー、ストレスなどをお抱えの方はお気軽にご相談ください
漢方コミュニケーションズ 結城 奈美枝
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
電話番号:03-5389-3201
PAGE TOP