気を付けなければならない、水のとり方―渡辺ゆうこー | 漢方薬でストレスの軽減、体調管理なら東京都新宿区にある漢方ストレスマネジメントまで
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
TEL:03-5389-3201 TEL:03-5389-3201
お電話でのお問い合わせはこちら
カウンセリング申し込みはこちら

スタッフブログ

スタッフブログ

気を付けなければならない、水のとり方―渡辺ゆうこー

  • 2018/07/04
  • カテゴリ:

 

 

 

関東地方は梅雨が明けました。毎日30度越え、そして週末は雨の予報、こうなると蒸し暑い!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病気の原因、湿邪(しつじゃ)が必ず体の中に入ってくる(中医学の理論)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湿邪の起こす病気は、頭痛、めまい、むくみ、膝などの痛み、疲れ、だるさ、眠い、胃のむかつき・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年6月ごろに体調を崩す方は、湿邪が関係しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この湿邪は必ず体に入ってくるけれど、全員が病気になるわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体の中の水分の流れの悪い人だけが影響を受けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

水は飲むと汗と尿になって排泄される。この流れのどこかが止まると、いらない水がたまり、湿邪の病気が発生する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が漢方カウンセリングの時に1時間くらいかけて質問したり、舌を見たりして調べるのは、どこがつかえているかを探るため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水の滞りを見つけたら、弱っている場所の内臓を助ける漢方をつくり、いらない水を排出する流れを作る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古典の漢方文献と現代での違いも気を付けなければならない。

水の飲みすぎとクーラー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水は飲んで汗か尿で体の外に排出される、でもクーラーの中での生活ではあまり汗はかかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クーラーの中でじーっとしていて、水分ばかり取っていると汗もかかないし、動かないからむくみも出てくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで様々な症状が出てしまう。頭痛、めまい、むくみ、膝などの痛み、疲れ、だるさ、眠い、胃のむかつき・・・あと肩こりも・・・自分の首の後ろを触ってください、表面は冷たーく冷えてますこれも湿気のせい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水を飲む健康法が、素晴らしいように宣伝されるけれど、6月に体調を毎年崩す方には、全くあっていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水分は多すぎても、少なすぎても問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のどが乾いたら普通の生活なら1回200mlコップ一杯の水分で十分。

 

 

 

 

 

 

 

 

全員に必要な健康法ではありません。体調がさらに崩れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

十年前のあなたの元気を取り戻す!!

元気回復コンシェルジュ  

漢方薬剤師 渡辺ゆうこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方・中医学講座初級 3か月間 全6回

耳つぼ講座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊症、更年期障害、アトピー、ストレスなどをお抱えの方はお気軽にご相談ください
漢方ストレスマネジメント 結城 奈美枝
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
電話番号:03-5389-3201
PAGE TOP