MV_img
MV_img_sp
店長ブログ/ Store manager blog

病気のきざしをキャッチする①、便秘はすぐ解消した方がいい、その理由―渡辺ゆうこー

  • 2019/08/06
  • カテゴリ:

お申込みはこちらから→

http://hart1000.com/counseling

 

 

 

 

 

 

 

漢方で体質を調べる時には「その人の悪いところの症状や理由を探す」ことをする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来店される方はすでに困っている症状がある方で、ある意味ひどくなってからの来店になる。

こじれていると1時間くらいのカウンセリングになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ここまでになる前に、治していれば軽かったのに」と思うことも多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経過をたどると、病気の「きざし」があったのに!その予兆を見逃さなければ、と残念でならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病気のきざし、と思ってすぐに「便秘」を思いつく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会話の中で、「ひどい便秘なんです」という話を聞くと、

「あ~、きっと肩こり、目の疲れはあるんだろうな」と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方相談中なら詳しく聞き出すけれど、そうでない場合はそれ以上話さない。日常会話ならなおのこと。そんなことを急に聞くのも悪いから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

便秘があると体の痛い病気になりやすい。肩こり、腰痛、頭痛、しびれなど、そして、肌は荒れてしまう。目の疲れも必ず起こる。これをずーっとほおっておくと慢性化して、その時に便秘を治しても症状はとれなくなってしまう。病気が進んで違う箇所が悪くなったということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方基礎理論で「通らなければすぐに痛む」ということがあるから。腸が通っていなくて、いいことは何にもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「便秘ぐらい」と思っていると10年後に体質はかなりわるくなって、つまり「頭痛もち、すぐにぎっくり腰、ひどい肩こり」などになることになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

たかが便秘、されど便秘なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「食事を大切に」、「良く歩いて腸を動かす」薬を飲まなくて済む方法が一番です。

 

 

 

 

 

 

十年前のあなたの元気を取り戻す!!

元気回復コンシェルジュ

漢方薬剤師 渡辺ゆうこ

 

漢方・中医学講座初級 3か月間 全6回ー渡辺ゆうこー

耳つぼ講座ー渡辺ゆうこー

不妊症、更年期障害、アトピー、ストレスなどをお抱えの方はお気軽にご相談ください
漢方コミュニケーションズ 結城 奈美枝
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
電話番号:03-5389-3201
PAGE TOP