〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
TEL:03-5389-3201 TEL:03-5389-3201
お電話でのお問い合わせはこちら
カウンセリング申し込みはこちら

店長ブログ

店長ブログ

皮膚のかゆみ止めの漢方はありますよー渡辺ゆうこー

  • 2018/02/12
  • カテゴリ:

 

 

 

乾燥のシーズン、皮膚のかゆみは強くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは保湿が大切で足のすねなどが粉を吹いたような皮膚になっていたら要注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

保湿クリームをぬったりお風呂の入浴剤の潤い肌用を使ってみるとよいです。

 

 

 

 

 

 

 

肌のかゆみの原因はいろいろあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

乾燥のほかに、年齢からくる潤い不足。

 

 

 

 

 

 

 

 

これはお年寄りは孫の手を使う頻度が高いことからもはっきりしています。若いとあまりかゆくならない。年とともに体全体的にかゆみが出ます。親の手でも子どもの手でもなく、孫の手。いい得てますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

肝臓が悪い人も皮膚はかゆいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギー性の鼻炎や皮膚炎の人、こういう場合、目もかゆいですね~

 

 

 

 

 

 

 

アトピー性皮膚炎の人

 

 

 

 

 

 

 

 

陰部のかゆみが収まらない人、薬をぬっても検査をしても原因不明でかゆみが収まらない方は実は多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方でかゆみ止めの漢方があるのを知らない方も多いですが、それぞれの原因別で漢方の調合を合わせて作ると効き目はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

かゆみがつらいのは夜もかゆくてよく寝られないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

眠れないから症状も悪化の悪循環。

 

 

 

 

 

 

 

 

この前ご相談で陰部のかゆみの方はよくあるパターンで何年も細菌検査や抗菌剤も使用して病院も転々とされていた方でした。漢方を飲み始めて2週間でかゆみが止まった!とうれしいご報告。

 

 

 

 

 

 

 

 

薬局に来られる方は皆さん病院にかかっている方です。それでもかゆみが収まらない、眠れないほどのかゆみは本当につらすぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方と病院の治療と併用できるように調合しますので是非1度試してみてください。

何年も我慢しているなら西洋薬では薬がそれ以上効かないのかもしれません。

病院を変えても薬の名前を変えても薬の成分は同じことが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

十年前のあなたの元気を取り戻す!!

元気回復コンシェルジュ  

漢方薬剤師 渡辺ゆうこ

毎月1回 漢方薬・中医学基礎講座初級  全6回

不妊症、更年期障害、アトピー、ストレスなどをお抱えの方はお気軽にご相談ください
漢方コミュニケーションズ 結城 奈美枝
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
電話番号:03-5389-3201
PAGE TOP