MV_img
MV_img_sp
店長ブログ/ Store manager blog

膀胱炎の症状と治し方はその原因を考えることが大事-渡辺ゆうこ

  • 2019/02/13
  • カテゴリ:

 

漢方カウンセリングはこちらから→

カウンセリングについて

膀胱炎のご相談があったので、膀胱炎を繰り返さないために西洋医学と中医学的な考え方を説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膀胱炎は西洋医学的な治療としてはまず抗生物質の服用になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

膀胱の炎症の理由が雑菌が繁殖してしまっていると考えて抗生物質で殺菌して菌がなくなればあとは自然に回復するのを待ちます、これが西洋医学的治療方法。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治ればこれで十分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、どうして自分は膀胱炎になったのか?偶然?たまたま?うっかりと?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西洋医学ではここのところはあまり考えませんが中医学での考えでは病気になる原因は必ずあるので、膀胱炎もその原因によって治療法は大きく変わります。中医学はその原因を治します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中医学での膀胱炎は大きく3種類あります①体の湿熱②ストレスによる気のつまり③疲れ、老化などにより気の不足

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①体の湿熱 というのはもともとの体質に自分の熱症がありそれに加えて、食事に油もの、甘いものなどばかりを多くとることでさらに体に炎症が起こり膀胱炎という症状が現れて出た場合の膀胱炎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②ストレス   これはストレス性、心因性のもの、頻尿に対する不安感などでも繰り返し起こす膀胱炎です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③気の不足   過労や老化、寝不足、食事の不足などで体の気がたりなくなって、体を防御する気の不足から、今の時期だと冷えが入り込みそこからの膀胱炎になります。雑菌が繁殖してしまうのも体のエネルギー不足です。また夏でもクーラーで膀胱炎になるタイプ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膀胱炎は抗生物質の服用で早く治る病気です、でもその原因をわかっていないと何度も何度も繰り返します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に②ストレス性、不安感からの頻尿や膀胱炎は菌を調べても無菌の場合が多く抗生物質は効きません。漢方ではストレス性の膀胱炎を治す漢方があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

繰り返し膀胱炎になる方は、自分の原因を探って、膀胱炎にならない養生法を生活に取り入れてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膀胱炎になったら、その原因を知っておき元気なときからから気を付けることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膀胱炎になったら薬を飲むのではなく、膀胱炎にならない生活を送ることが一番大切で、膀胱炎になった時こそ自分の体質が見えてきます。養生法も自分に合ったものがわかります。(冷えているならカイロなどで温める、食事が悪いなら改善する、寝ていないならすぐ寝るなど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中医学を知っていると病気になる前の養生法がわかるので病気から逃れやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病気になる原因は必ずあります、そこを考えないから繰り返してしまうことが多いんです。

心因性の膀胱炎の方が延々と種類を変えて抗生物質を服用しているのを伺うと本当に気の毒になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十年前のあなたの元気を取り戻す!!

元気回復コンシェルジュ

漢方薬剤師 渡辺ゆうこ

 

漢方・中医学講座初級 3か月間 全6回

耳つぼ講座

不妊症、更年期障害、アトピー、ストレスなどをお抱えの方はお気軽にご相談ください
漢方コミュニケーションズ 結城 奈美枝
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
電話番号:03-5389-3201
PAGE TOP