花粉症で目の周りが真っ赤な人!―渡辺ゆうこー | 漢方薬でストレスの軽減、体調管理なら東京都新宿区にある漢方ストレスマネジメントまで
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
TEL:03-5389-3201 TEL:03-5389-3201
お電話でのお問い合わせはこちら
カウンセリング申し込みはこちら

スタッフブログ

スタッフブログ

花粉症で目の周りが真っ赤な人!―渡辺ゆうこー

  • 2018/03/30
  • カテゴリ:

 

 

 

「ゆうこ先生のブログの絵のような目の周りの真っ赤な人を見ましたよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

と薬局のスタッフに言われ、その解説をしたので、ここにも書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症で目のかゆみがある場合、病院では目薬が処方される。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを1日数回、目にさすわけだけど、この目薬が目の周りの皮膚をかぶれさせていることを知っている人は少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目薬は本来、目の中の治療で調整されているので、皮膚につけるようにできていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症の目のかゆみの場合、どうしても、かゆくて目を掻いてしまうので、目は充血、目の周りの皮膚はこすられて削れている状態になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに1日何度も目薬をさすので、目薬が目から流れ出て目の周りにつく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の皮膚なら目薬がすぐにしみたりはしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも花粉症で、こすられて削れている目の周りの皮膚は弱いのですぐにしみて、ただれてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この目の周りの皮膚がただれて痒くなり、今度は皮膚のかゆみでこすってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでひどくなると皮膚科にかかることになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番大事なのは目薬をさした後、流れ出た目薬を水で洗い流すこと。ティッシュで拭くだけではだめ、成分が肌に残ります。(指を濡らしてちょちょっと水を付けてからそっと拭けばいいです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそのままだと目の周りがカサカサで皮膚がひび割れるのでちょっとでいいから保湿クリームをぬる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目薬の成分が皮膚に残らないようにしつつ皮膚を保護するテクニック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猛烈に目がかゆいのはまず冷やして、やたらと掻かないようにする工夫もできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

目の周りがかぶれてしまったら、治すのが大変。皮膚炎は炎症の後、黒くなるのでしばらく目の周りが黒くなっちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと知っておけば対処は簡単、これだけで目のかゆみだってグーンと減ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

病院や調剤薬局で説明を受けていればなんてことのないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らなかったらぜひやってみてください。

 

 

 

 

十年前のあなたの元気を取り戻す!!

元気回復コンシェルジュ  

漢方薬剤師 渡辺ゆうこ

 

 

 

漢方・中医学講座初級 3か月間 全6回

耳つぼ講座

 

 

 

不妊症、更年期障害、アトピー、ストレスなどをお抱えの方はお気軽にご相談ください
漢方ストレスマネジメント 結城 奈美枝
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
電話番号:03-5389-3201
PAGE TOP