〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
TEL:03-5389-3201 TEL:03-5389-3201
お電話でのお問い合わせはこちら
カウンセリング申し込みはこちら

店長ブログ

店長ブログ

足のつりの原因と漢方薬ー渡辺ゆうこー

  • 2018/10/20
  • カテゴリ:

漢方カウンセリングはこちらから→

カウンセリングについて

 

今日は1日に2人の方の「足がつる」症状があったので、「季節が来たな~」と思い

 

 

 

 

 

 

 

 

「足のつり」に関してのお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足のつりでもいろいろなシチュエーションがあって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「朝方に足がつる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「走っていたり、スポーツの最中などに足がつる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「糖尿病やヘルニアなど病気の症状として足がつる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、パターン分けはこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西洋医学ではカルシュウム不足や脱水などで起こると考えて「筋弛緩剤」などが出ます。

さらに病院でも漢方薬を出してくれるところは「芍薬甘草湯」を出してくれます。

効き目がいいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、西洋医学とは違う理論の中医学で「足のつり」を考える時、それは「体に血が足りない=血虚」と「冷え」を中心に漢方は選びます。(季節だな~というのは寒くなってきたからです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポーツの時の足のつりは別ですが、そのほかの「足のつり」のある人は、体の調子が悪くなっている合図のことが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、何にも悪くなくて「足だけつる」ことはないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「足がつる」症状のある人は大概、一緒に「不眠(眠りが浅く夢が多い)」「動悸」「眩暈」「しびれ」「貧血」などがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

西洋医学ではこのところは関連付けては考えないので足のつりは「筋弛緩剤」となり、他の部分の治療は「また別の病院へ行ってください」、となってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方薬は「足のつり」を治すための漢方で一緒に「不眠」が治ったり「しびれ」が治ったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体全体に効果があります。もちろん処方は芍薬甘草湯だけではないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通は「不眠」や「しびれ」を治したくて相談され、「足のつり」は、ついでにある症状なのですが漢方薬で「足のつり」はすぐ良くなるし、「不眠」や「しびれ」も良くなれば毎日とっても快適ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十年前のあなたの元気を取り戻す!!

元気回復コンシェルジュ

漢方薬剤師 渡辺ゆうこ

 

漢方・中医学講座初級 3か月間 全6回

耳つぼ講座

 

不妊症、更年期障害、アトピー、ストレスなどをお抱えの方はお気軽にご相談ください
漢方コミュニケーションズ 結城 奈美枝
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
電話番号:03-5389-3201
PAGE TOP