MV_img
MV_img_sp
店長ブログ/ Store manager blog

20年前に中国に留学してました。ー渡辺ゆうこー

  • 2016/10/27
  • カテゴリ:

昨日来店されたお客様「留学するのですね!」と声をかけられました。

 

私はすでに20年前にしたんです、記事が古くてすみません

 

なのでしばらくは最近の出来事も書きます。

 

 

img_5531

 

 

 

漢方の理論を勉強すると、日常生活で病気の予防を厳しくチェックすることになります。

 

 

 

 

自分にも、家族に対しても特に!

 

 

 

どう厳しいかというと主人やこどもが「くしゃみ」をしたら

すぐ飛んでいって

「そのくしゃみはいつから出ているか?」

「どうして出たと思うか?」

と尋問します。

 

 

 

 

「今朝寒かったから」「ほこりを吸い込んだ」「昨日から」など返事はいろいろ。

 

 

 

 

漢方理論で「くしゃみ」は病気の始まりの原因の一つである「外邪 がいじゃ」(体の外から中を攻撃してくるもの」)を追い払うために体の防御反応で出ていると考えます。

 

 

 

 

なので私は何かの攻撃がはじまった!と考えます。

 

 

 

「今朝寒かったから」→Tシャツで寝ない!すぐ服を着る!熱いお湯を飲む(あればスープとか)

 

 

 

「ほこりを吸い込んだ」→様子見。続くようならアレルギーか?

 

 

 

「昨日から」→これが問題、昨日から!なら、偶然ではない。

 

花粉症(今の時期のものもある)か風邪かの見極めと対策。

 

そしてお説教です「昨日からなら対策を立てるべき、くしゃみを甘く見ない!」

 

 

 

 

病気は誰でもかかるもの、そして初期に治すのは楽なんです。

こじれると治るまで時間もかかります。

そしてそのお世話が全部私にかかってくる!

 

 

 

img_5685

 

 

 

夏場のふろ上がりの扇風機もそう、一番外邪が入り込みやすい状態です。

体が温まって防御が緩んでいる状態で風にあたることになります、

漢方理論上、外邪は風にのって体に侵入するため、外邪の攻撃を受け放題にしか私には見えません。

 

 

 

「かぜをひく」の「かぜ」を「風邪(漢方用語でふうじゃ)」と書くのはここからきています。

 

 

 

ここまで理論を説明しても全く話を聞かない主人

 

 

 

「俺の好きにさせてくれ」

 

 

 

私も一応説明したし、それ以上のことは言いません。

 

 

 

 

案の定、高確率で次の日は鼻水をたらすことになります。

 

 

 

 

 

難しいですね。

 

 

 

 

10年前のあなたの元気を取り戻す!!

元気回復コンシェルジュ 

漢方薬剤師 渡辺ゆうこ

不妊症、更年期障害、アトピー、ストレスなどをお抱えの方はお気軽にご相談ください
漢方コミュニケーションズ 結城 奈美枝
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿7-7-23 1階
電話番号:03-5389-3201
PAGE TOP